« 福島町 | トップページ | 上磯町 »

2011年7月27日 (水)

知内町

 『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』によると、知内沖で第六日鮮丸(八光汽船、521総トン)が空襲を受け、4人の海軍兵が亡くなったとされるが、その氏名は明らかになっていない。陸上では機銃弾が当たった家や焼けた家もあったが、死者・負傷者はなかった。

 

 『戦没船員名簿』を確認したところ、第六日鮮丸に乗船していた船員21人の氏名が判明した。同名簿では乗船名不明とされているが、死亡場所と陸軍軍属船員という身分から第六日鮮丸に乗船していたと思われる人も見つかった。

 

一方、陸軍備砲隊の犠牲者が13人いたとされるが、氏名はつかめなかった。



 『北海道空襲』によると、地元の方が磯舟で漕ぎだし、第六日鮮丸の救助にあたった。また、負傷した兵士たちは松前線の貨車に乗せられて、函館まで運ばれて行ったという。  

 

また、第六日鮮丸以外にも犠牲者の出た船舶があった。知内村字涌元沖で第一菊丸(72総トン)の甲板部員が亡くなっている。

 

【知内空襲の犠牲者】

 氏名判明・・・民間人0、船員23、軍人 0
 氏名不明・・・民間人0、船員 0、軍人13



【主要参考文献】

・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・駒宮真七郎『戦時船舶史』(1991年)
・戦没船員の碑建立会『戦没船員名簿』(1972年)
・戦没船を記録する会『太平洋戦争時の喪失船舶明細表(汽船主体)』
(http://www.ric.hi-ho.ne.jp/senbotusen/siryo-deta/senbotukisenlist.pdf)

« 福島町 | トップページ | 上磯町 »

渡島」カテゴリの記事

無料ブログはココログ