« 函館市 | トップページ | 椴法華村 »

2011年7月30日 (土)

戸井町

 戸井町では14日と15日の両日に空襲があった。


 14日には汐首地区が襲われた。『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』により、3人の氏名が判明している 。


 15日には瀬田来地区・弁才町・館町が襲われた。『戸井町史』では瀬田来で2名、弁才町で1名、館町で1名が亡くなったとしており、『北海道空襲』でもそれを踏襲している。しかし、氏名は明らかにされないままであった。


 「函館空襲を記録する会」の浅利政俊氏はこれらの記述に疑問を持ち、2008(平成20)年に再調査し、『第2次世界大戦下の戸井村「証言記録」』をまとめている。それによると、新しく4名の氏名が判明している。。


 さらに、2009(平成21)年には、浅利氏の調査により、館町で亡くなった人の氏名も判明している 。


 これまで戸井空襲の犠牲者は7人とされてきたが、以上の人たちを合計すると9人となる。



【戸井空襲の犠牲者】

 氏名判明・・・民間人9、船員0、軍人0
 氏名不明・・・民間人0、船員0、軍人0


【主要参考文献】

・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・浅利政俊『第2次世界大戦下の戸井村「証言記録」』(函館空襲を記録する会,2008年)
・戸井町『戸井町史』(1973年)

« 函館市 | トップページ | 椴法華村 »

渡島」カテゴリの記事

無料ブログはココログ