« 余市町 | トップページ | 札幌市 »

2011年8月16日 (火)

小樽市

 小樽市への空襲は15日に行われた。海上にも陸上にも攻撃が加えられた。海上では、第55号海防艦(810排水トン)・第47号海防艦(810排水トン)・海防艦「笠戸」(870排水トン)、汽船昭華丸(東和汽船、1931総トン)・信濃丸(日魯漁業、6254総トン)・山東丸(坂井汽船、1890総トン)が空襲を受け、海軍兵や船員・労務者が亡くなった。陸上では、銭函駅や張碓鉄道官舎・手宮台陣地などに空襲があり、民間人や陸軍兵が犠牲となっている。


 『小樽市史』の空襲関連の記述は簡単に済まされ、犠牲者については何も書かれていない。しかし、北海道新聞記者や「いつまでも戦争を忘れない小樽教師の会」が調査をすすめ、小樽市役所に保存されていた執葬認許証などから犠牲者数が33人であることを明らかにし、そのうち32人の氏名を判明させている。このように、小樽空襲については市民が中心となって細かい調査がなされてきたが、1名の漏れがあったことが今回判明した。


 『戦時船舶史』によると、小樽港で汽船昭華丸が沈没し、5人の船員が犠牲となっている。そこで、『戦没船員名簿』をあたったところ、たしかに5人の名前を発見した。このうち4名については、「いつまでも戦争を忘れない小樽教師の会」作成の名簿にも掲載されていた。しかし、1人だけ洩れていた。なんらかの理由により、市役所に執葬認許証が残されていなかったのだろう。小樽空襲の犠牲者は1人増えて34人となる。


【小樽空襲の犠牲者】
 氏名判明・・・民間11、船員7、軍人15
 氏名不明・・・民間 1、船員0、軍人0


【主要参考文献】
・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・いつまでも戦争を忘れない小樽教師の会『小樽の戦争〜証言・資料集 4-昭和二十年七月十五日の小樽 小樽空襲の記録 その1』(1987年)
・海防艦顕彰会『海防艦戦記』(1982年)
・駒宮真七郎『戦時船舶史』(1991年)
・戦没船員の碑建立会『戦没船員名簿』(1972年)

« 余市町 | トップページ | 札幌市 »

後志」カテゴリの記事

無料ブログはココログ