« 浜中町 | トップページ | 標茶町 »

2011年9月22日 (木)

阿寒町

 阿寒町では14日に空襲があった。『阿寒町百年史』では雄別炭鉱鉄道の列車が阿寒・桜田駅間で攻撃を受け、乗客5人が亡くなったと書かれている。氏名は明らかにされていない。

 しかし、『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』の調査で、3人の名前が判明している。また、2003年に、帯広柏葉高校新聞部の調査により、1人の名前が判明している。


 最後の一人の名前はこれまで判明していなかったが、『改訂版 釧路空襲』のなかに犠牲者の氏名を発見した。木材商の方の証言中に、帳場さんが雄別炭鉱鉄道の列車に乗車中、桜田駅近くで機銃を受け、向かい合わせに座っていた子どもの前で死亡した、とある。間違いなく阿寒空襲の犠牲者である。


【阿寒空襲の犠牲者】
 氏名判明・・・民間5、船員0、軍人0
 氏名不明・・・民間0、船員0、軍人0


【主要参考文献】
・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・菊地慶一『語りつぐ北海道空襲』(北海道新聞社,2007年)
・釧路戦災記録会『改訂版 釧路空襲』(1988年)
・『帯広柏葉高新聞』2003年7月24日付,「幻の空襲犠牲者」

« 浜中町 | トップページ | 標茶町 »

釧路」カテゴリの記事

無料ブログはココログ