ご挨拶

2017年2月 8日 (水)

新著発行

 『父は帰ってこなかった 北海道空襲で亡くなった人と残された人たち』を出版しました。
 戦争で家族を失った人たちは、どのように、その事実を見つめ、折り合いをつけ、その後の人生を歩んでいくのか。根室空襲で父を亡くした兄妹、戸井空襲で祖母と妹を失い、さらに目の前の海で母の従弟を亡くした男性に、故人の人柄や遺族の戦後を訊きました。『北海道空襲犠牲者名簿』の追補や犠牲者地図の改訂版も収録しています。800円+税、A5版、130ページ(全モノクロ印刷)。ISBN:978-4-9908542-9-4、書肆山住発行。
 お求めはminamisiribesi@hotmail.co.jpまで。送料無料でお送りします。Amazonにも出品しています。

2015年10月21日 (水)

在庫切れのお知らせ

久々の更新です。おかげさまで、『北海道空襲犠牲者名簿』は、著者の手元では在庫切れとなりました。

入手希望の方は、以下の通販サイトにお願いします。
Antique&Brocante ROSE ROSE

また、閲覧だけで良いという方は、お近くの図書館にてお願いします。道内主要図書館に所蔵されています。

2011年10月 4日 (火)

おわりに

 北海道空襲により亡くなられた皆さんのお名前を一人でも多く明らかにしようと取り組み、その結果を名簿にまとめましたが、まだ氏名不明の方々はたくさん残されています。特に、室蘭艦砲射撃の日鉄関係者、青函連絡船津軽丸の乗客、海上で亡くなった兵士などに、とくに氏名不明者が多いです。


 本名簿をお手にとられた皆さまにお願いです。漏れや誤りに気付かれましたら、ぜひご連絡をいただけるとありがたいです。今後も改訂作業を行っていきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。


 本ブログの更新はいったん終了させていただきます。北海道空襲に関する目新しい情報が得られたら、また記事をアップいたします。ひとまず、ありがとうございました。

2011年7月20日 (水)

当ブログについて

 北海道空襲は1945(昭和20)年7月14日から15日の二日間にわたって、米軍艦載機によって繰り広げられました。多くの人々がこの空襲により犠牲となりました。その人数はこれまで1958人とされてきました(菊地慶一『語りつぐ北海道空襲』、北海道新聞社、2007年)。しかし、犠牲者名を全道的に明らかにして一つの名簿にまとめるという試みはなされてきませんでした。

 私は、2010年6月から2011年6月まで、犠牲者名簿を作成するべく、文献や資料を調査し、当時を知る人への聞き取りなども行いました。その結果、北海道空襲による犠牲者2626人の名前が明らかになり、氏名不明者を含めると、少なくとも2908人が亡くなっていたことが判明しました。2011年7月には、調査結果をまとめた『北海道空襲犠牲者名簿』を自費出版しました。犠牲者名簿の他、名簿の解説、統計資料、犠牲者地図を収録しております。

 本ブログでは、小著より抜粋して、各地の空襲の様子や犠牲者数、参考文献などを紹介いたします。ご遺族や研究者、空襲に関心のある皆さんの参考になれば幸いです。

 なお、亡くなられた方々のお名前についてはブログでは公開いたしませんので、ご質問があればメールにてお問い合わせください。その他、ご意見やご指摘についてもメールでお願いします。

 『北海道空襲犠牲者名簿』は、A4版、モノクロ印刷、220ページ、1部1200円、送料160円です。メールを頂ければお送りいたします。紀伊國屋書店札幌店、寿都町道の駅でも販売しています。Meibo_2

 また、北海道空襲を記録する会『悲しみの夏 語りつぐ北海道空襲補遺Ⅱ』に、当名簿から氏名一覧を提供しました。この本には、北海道空襲に遭われた道内・道外各地の皆さん36人が生々しい証言を寄せています。1部1000円。ご興味がある方には、小著と一緒にお送りいたします。

 メールアドレスはminamisiribesi(at)hotmail.co.jpです。(at)を@に変更して送信願います。

無料ブログはココログ