石狩

2011年8月20日 (土)

厚田村

 厚田村では15日に空襲があり、厚田・古潭・望来地区が攻撃を受けた。


 望来自治連合会が出版した『埋もれた墓標』には望来地区の被災が詳細に記されている。望来では11人が亡くなり、そのうち6人が子どもであった。望来地区には「平和祈念碑」があり、空襲犠牲者の名が刻まれている。


 また、望来への空襲の前に、厚田地区と古潭地区がやられている。厚田地区では、一人が負傷し、8月に亡くなっている。


 古潭では、小学校が焼失するなどの被害があったが、負傷者のみで済んでいる。


【厚田空襲の犠牲者】
 氏名判明・・・民間12、船員0、軍人0
 氏名不明・・・民間 0、船員0、軍人0


【主要参考文献】
・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・望来自治連合会『埋もれた墓標』(1992年)

2011年8月19日 (金)

石狩市

 石狩市には15日に空襲があり、地元の人たち13人が犠牲となった。また、家屋の損害も多く、36戸が焼失、224戸が倒壊・破損した。当時の石狩町役場の「戦災記録簿」「罹災者名簿」が残されており、『石狩の空襲を語りつぐ』に空襲の模様が詳細に記録されている。犠牲者の氏名も全員判明しており、さらに亡くなったときの様子についても詳しい。

【石狩空襲の犠牲者】
 氏名判明・・・民間13、船員0、軍人0
 氏名不明・・・民間 0、船員0、軍人0


【主要参考文献】
・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・石狩町郷土研究会『いしかり郷土シリーズ 1-石狩の空襲を語りつぐ』(1987年)

2011年8月18日 (木)

江別市

 江別市では15日に空襲があり、王子航空機江別製作所や江別発電所が狙われた。4人の死者が出たことが確認されている。いずれも地元の人たちであった。


 『鉄路風雲』によると、以上の他にもう1人の死者が出たとされる。根室発函館行きの第408列車が厚別・野幌間で空襲を受け、防雪林に避難した妊娠中の女性が亡くなったという。しかし、『えべつ昭和史 1926-1993』では、この列車に死者はなかったとされている。さらなる調査が必要であろう。


【江別空襲の犠牲者】
 氏名判明・・・民間4、船員0、軍人0
 氏名不明・・・民間1、船員0、軍人0


【主要参考文献】
・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・江別市総務部『えべつ昭和史 1926-1993』(江別市,1995年)
・岩崎正『鉄路風雲-道南鉄道空襲記録』(1979年)

2011年8月17日 (水)

札幌市

 札幌市では15日に空襲があり、丘珠の農家の方が自宅で機銃掃射を受け亡くなった。


【札幌空襲の犠牲者】
 氏名判明・・・民間1、船員0、軍人0
 氏名不明・・・民間0、船員0、軍人0


【主要参考文献】
・菊地慶一『北海道空襲 一九四五年七月十四・十五日の記録』(北海道新聞社,1995年)
・丘珠百二十年史編纂委員会『丘珠百二十年史』(1991年)

無料ブログはココログ